クレジットカード発行の際にチェックされる信用情報

クレジットカード発行の際にチェックされる信用情報「サムネイル」

クレジットカードについて皆様はクレジットカードの正しい知識がありますか?知らなくてもこれを読めば理解出来ます。クレジットカードとは信用を基にして後払いが出来るカードです。作れるか調べるには自分の信用情報を確認する必要があります。過去と現在に借金返済滞納していなければ作れます。

クレジットカードの仕組み

お客様が商品をクレジットカードを使って買い物をして、お店がカード会社から商品の代金を受け取って手数料を払います。そしてお客様がカード会社に、利用料金を支払います。

支払い方法

  • 一括払い
  • ボーナス払い
  • 分割払い
  • リボ払い

現金を持たなくっても大丈夫

クレジットカードを持っていれば現金を持ち歩かなくても大丈夫です。ですが限度額が個々に決められてるので、使いすぎに気をつけるべきです。

ショッピング・キャッシング

クレジットカードはショッピング機能とキャッシング機能があります。

ショッピング機能

クレジットカードで買い物する事で、これがメインの機能です。

キャッシング機能

クレジットカードでお金を借りる事でサブ機能です。出来れば使わない方が良いです。

ブランド

クレジットカードには、国際ブランドと自社ブランドがあるので、慎重に作るカードを選ぶべきです。

引き落とし

クレジットカードは締日と支払い日があるので、支払い日までに必ず引き落とし口座にお金を使った分だけ入れます。

クレジットカード発行

クレジットカードは信用情報によって作れるか、作れないかによって決定します。ブラックリストに載っている方と生活保護を受給している方は駄目です。

年金受給している人でもブラックリストに載ってなければ作れます。

信用情報の確認

自分の信用情報を確認する方法自分の信用情報を知る為には、日本情報信用機構と特定情報信用機構のCICとKSCに情報開示を請求します。

クレジットカードを作りたい時は情報信用機構に自分の情報開示をして、過去と現在滞納が無いか確認してから大丈夫な場合は申し込みをすると確実に発行してもらえるので良いです。

クレジットカードの審査に通らなかった方は、金融事故情報を起こして、個人情報信用機関に登録されています。短い期間に複数の金融機関に行きクレジットカードカードの申し込みをしていると、悪いイメージをもたれてしまうので気をつけることが必要です。

金融事故情報とは

過去や現在数ヶ月以上に渡って借金返済、支払いの滞納をしている状態です。この事が、信用機関に登録されるのを、ブラックリストに載っていると表現します。ブラックリストから消去されるには、借金を完済する必要があります。

それと信用を得るのに長い期間かかり最短でも5年はかかります。ですから軽い気持ちで借金して返済を滞納しては駄目です。

クレジットカードのメリットとデメリット

メリット

クレジットカードを使うとポイントが貯まります。それにデータが記録されるので不正利用が分かります。そしてその金額の保障をして貰えます。

またクレジットカードを使うのは原則的に暗証番号が必要なので落としてもすぐ使われる心配は無いです。あとはステータスがあります。

デメリット

使い過ぎてしまう。リボ払いによる利息、キャッシング機能による利息があります。

最後に

ブラックリストに載ってても審査が通る方法クレジットカードかカードは、普通にか考えてほとんどの方が所持する事が出来るようになってます。理由はカード会社が利益を得たいからです。

安定した収入があり支払い可能で明らかな住まいがあるとカード会社に判断してもらえたら、ゴールドやプラチナは別ですが、審査に通りカードが持つ事が出来て使える可能性があります。

一つでも疑わしい点があれば他の項目を見てスコアリングして信用度を数値化します。それでも疑わしい方は更に細分化された項目を個々に点数をつけて、それらの合計で合否が決まります。

よく聞くのは3Cです。

3Cとは、資力と性格と資産です。資力とは安定した収入がある、性格は真面目で返す気がある、資産は車や家や土地などの担保に出来る資産があることです。

審査に通らない3個の要因は、申し込み書の記入が誤字脱字があり空欄が沢山ある、スコアリングで最低点に達しない、過去の債務や支払い履歴などで滞納したことがあるです。

クレジットカード 信用情報 支払い機能滞納確認