過剰貸付の防止策でブラック借入が困難

過剰貸付の防止策でブラック借入が困難「サムネイル」

多重債務者の急増や闇金業者の社会問題が問題視されて平成18年頃に貸金業の改正する法律についての中に「過剰貸付の防止策」と言うのがありました。

過剰貸付の防止策

多重債務者が急増したことを原因に闇金が社会問題とされたと考えられていたころ過剰貸貸付の対策としてあげられたのは以下の2点

  • 貸金業者がお客さんの借入残高を把握して返済能力以上の融資を行わないこと
  • 貸金業者がお客さんの借入残高を把握するため指定信用情報機関への照会を義務とする事

よって貸金業者はお客さんから借入の申し込みがあると義務として必ずCICなどの信用情報機関に借入残高の照会を行っています。

現在、消費者金融業界には、主にCIC(情報審査会社)の参入により、ブラックの方は金融機関からの融資を受ける事が困難となっており簡単に借入審査に通過しないという事態も起きてます。

またその事が原因でヤミ金融から高利にも関わらずお金を借りる方も、少なくはないと言うのが現状では無いでしょうか。

今から記載するのは、今現在どの様な仕組みでブラックになってしまうのか?またブラックになってしまいヤミ金融からお金を借りてしまったら、どのようになってしまうのか、各項目に分けて分かりやすく記載していきたいと思います。

どの様な仕組みでブラックになってしまうのか?

金融とは通常金融と呼ばれる物は民間金融「アコム・プロミス・レイク等」や銀行金融と言われる信販に別れる言っても過言では無いのではないでしょうか

その中で貸金の許可を得ていないで貸金を行う事をヤミ金業と言うのです。

ですから正規に金融と言われるものは貸金業の許可や認可を受けて、人にお金を貸しその利息で商いを行う者が金融業者と呼ばれるものです。

CICとは

貸金業者や携帯電話のキャリア「docomo・au・Softbank」もそうですが、良く聞く言葉で今から審査を行いますと言う言葉を聞いた事が有ると思いますが、この時に貸金業者やキャリアが、個人の信用を確かめるために使っている信用情報機関

それがCICと言う情報管理機関になります。

情報の一括管理

ここの情報機関では金融機関や、キャリアのブラックの情報を一括で管理していますので、ここで審査が駄目になりますと審査が駄目でしたと言う結果になります。

近頃恐ろしいのは携帯電話の料金を踏み倒してしまった場合には、金融会社からお金が借りられない、またその逆金融機関でお金を踏み倒してしまった場合には、携帯電話を持つ事が出来ないと言う事が起こっています

これはなぜかと申し上げますと同じCICと言う審査機関に審査をかけているからなのです。

今現在の審査の状況を考えればCICでブラック登録されてしまいますと、おおよそ、その情報が5年から~10年は保存されますので、その期間は通常の金融機関からお金を借りる事は出来ないと言う事になります。

返済が滞ると

返済が延滞していても、きちんと連絡が取れる状態で、返済を少額でも支払いすればCICにブラックとして登録される事はありませんが、返済が遅れ連絡も取れなくなってしまう状況になればCICに登録されブラックになってしまいます。

長期間延滞

クレジットカードやカードローンを強制解約処分となると個人信用情報機関へ異動情報として延滞の事実が記録され続けます。

完済後、最大5年間ブラックリストに残り続けますが、消費者金融からの借入が全て出来なくなるわけではありません。

クレジットカードとは異なり、サラ金の途上与信はカードの有効期限が無いことから、サラ金に対して延滞を起こしていないカードについてはそのまま使える可能性があるわけです。

自己破産といった債務整理に踏み切った場合には、債務整理を行なった事実が異動情報として個人信用情報機関へ登録されますが、信用情報機関CICとJICCについては最大5年間の登録となります。

銀行系のJBAのみ自己破産や個人再生手続きについては10年間異動情報が登録されてしまうので、ブラックリストからの完全削除までの期間は長くかかります。

ヤミ金融からお金を借りてしまったら

聞くだけでも恐ろしいヤミ金業者ですが、実際どのような方がヤミ金業者を利用しているかと言いますと、圧倒的に多いのが高齢者の方が多いのが現状です。

高齢者で年金暮らしの人が少々まとまった金額が入用となりますと、民間の正規金融業者でお金を借りようと思っていても年齢的に審査で否決されてしまいますので、ヤミ金業者からお金を借りると言う流れが、今現在は普通では無いでしょうか。

ヤミ金業者の利息

ヤミ金業者からお金を借りた場合の平均的な利息と言うのは、地域的に若干違いはあると思いますが、関西地方では月1割、名古屋や東京では月に1割5分が平均的な利息と言われています。

ですからテレビドラマで見る様な10日で1割と言うような悪質な物は現実的には存在していません。

またヤミ金業者の特徴と言える事ですが、ヤミ金業者は借用書を取る時に、利息欄は絶対に空白にして交わすのが特徴と言えます。

これは何故かと言いますと、利息欄に金額を書く事によって、貸金業法違反になってしまう事を防ぐために、利息欄に関しては絶対記載しないと言うのが普通です。

まとめ

以上、記載したように1度信頼を失ってしまいますと、信頼の回復には7年以上の歳月を要し、ヤミ金に手を出してしまうと利息の返済だけでもかなり生活に影響すると言う事が分かると思います。

またデータ化された社会の中でCICに登録されてしまいますと、新規で携帯電話の所得すら出来なくなってしまう時代なので、テレビの受け売りでは無いですけど、ご利用は計画的にと言う事を、本当に認識した方が良いと言う事です。

ブラック借入困難 信用情報機関借入残高照会多重債務社会問題貸金業法改正過剰貸付闇金