借入を断られる審査が通過しない4つのポイント

借入を断られる審査が通過しない4つのポイント「サムネイル」

生きていればお金に躓いて、借金をする事もあります。その時に身内にも銀行にも借りる事ができない時にはサラ金などでお金を借りる事を検討しないといけません。

一般に銀行などよりは消費者金融の方が審査に受かりやすいですが、それでも全ての人が受かるわけではありません。

特にブラックの人は審査に不合格になる可能性があります。

ローン審査を通過できない要因は、複数考えられることが一般的です。

属性を審査される

キャッシングを利用するにあたり審査に受かる必要がありますが、そのためには審査基準にパスする必要があります。

その一つが属性です。収入や名前や年齢、性別、どこに勤めているのか、家族構成まで幅広く確認されます。

特に重要視されるポイントは収入と他の会社からの借入状況です。収入があるかどうかは当然返済能力に関わります。

また同じ会社で長く勤めているとそれだけ安定した収入があると見られるのでプラス評価になります。

そして他社からの借り入れ状況ですが、これは複数の会社から借入している人は返す事ができないため、いろいろな会社から借金していると、判断されます。それゆえ返済能力を疑われて審査にマイナス評価されます。

総量規制

お金を借りる時にサラ金では借入限度額が定められています。それは年収の3分の1までです。

ローンの審査を通過できない人中でも、最も多い原因に据えられています。年収の総額の3分の1までのみ借りることが可能と決められており、他の金融機関から融資を受けてその規定に達している際には、新たにローンを組むことができないことが多くなっています。

総量規制では他で借入している分も含めて年収の3分の1以上の借入を希望しても審査には受かりません。

金融事故

金融事故を起こした履歴のある人も、ローンを組む時の審査を通過できないことが多いのではないかと考えられています。

これは信用情報機関の記録に延滞した過去など信用を損なう情報が残っている人です。

融資されたお金の返済の遅滞や債務整理など、返済能力に問題がある場合は金融事故扱いになりやすいとされています。この金融事故の履歴については、5年間は消えずに残っており、信用情報調査ですぐに判明しています。

そのため、金融事故の経歴がある場合には、5年以上は新たにローンを組めなくなることが想定されると考えられ、なるべく金融事故が起こらないようにすることが望ましいとされています。

ブラックになっている人は消費者金融側としても信用できない人物と判断できますから、審査に受かる事が難しいです。

申し込みブラック

また、短期間に頻繁な融資の申請や申し込みをして失敗する人も、新たな審査に更に通りにくくなる悪循環を生み出してしまいます。審査に失敗する経歴が複数回にわたり残ることで、別の金融機関にローンの審査を依頼しても、信用を得られなくなってしまうリスクが付きまといます。

最後に

40代や50代など働き盛りで、子供もお金がかかる時期にあるお父さん達は、家計が苦しくなりサラ金から借金を考えるかもしれません。

しかし、過去にブラックになるような失敗をしている事も含めて、審査にマイナスになる要素があるなら借入が難しい事もありますので注意しましょう。

このような問題で審査を通過できない人は、ある程度の期間を空けて審査の進めることが良いと考えられています。1か月以上のスパンを空けながら、ローンを組むためのチェックを受けてもらうことがベターになるとみられています。

審査,事故,借入,信用