ブラックでもキャッシングの審査に通るためにできる3つの方法とは?

ブラックでもキャッシングの審査に通るためにできる3つの方法とは?「サムネイル」

ブラックでもキャッシングの審査に通るためにできる3つの方法とは?

キャッシングの審査などでチェックされるのが過去の利用履歴です。こうした情報は信用情報機関に残っており、利用状況が悪いとブラックリストに載ってしまいます。

この状態をブラックといい、ブラックになってしまうと基本キャッシングの審査には通りません。

ブラックだけどお金を借りたい!そんな時はどうすればいいのか?

では、どうすればブラックの人でも審査に通るようにできるのでしょうか。今日はそのための主の3つの方法を記します。

1.中小の消費者金融を利用する

ブラックの場合大手の消費者金融の審査はほぼ通りません。なぜでしょうか?

大手の場合には審査の際に信用情報機関に照会して、申し込んだ人がこれまで利用上でトラブルがなかったということを確認するからです。

仮にそこでブラックリストに載っているということがわかると審査にはほぼ通りません。つまり、大手の消費者金融は過去の履歴というものを非常に重視するのです。

一方で、中小の消費者金融は独自の審査を行っています。過去の利用履歴ではなくて、現在の収入などを重視します。
そのため、たとえブラックであっても安定した収入があるならば、中小の消費者金融の審査を通過することができるのです。

このように中小の消費者金融は大手とは違う審査基準を採用しており、大手では借入ができなかった人を取り込む努力をしているのです。

2.ブラックの履歴が消えるまで待つ

次にできる方法はブラックの履歴が消えるまで待つというものです。

個人信用情報機関の場合、利用状況の履歴というのは一定の期間が過ぎると消えます。それで、ブラック入りしたならば、その情報が消えるまで待つことによってまた再び消費者金融を利用することができます。

自分が現在ブラックなのかどうかというのは直接個人情報センターに問い合わせることによってわかりますので、気になる場合にはまず確認してみましょう。目安としては自己破産をした場合には5年から10年ほどかかると言われています。

3.属性をよくしておく

最後にできる方法は自分の属性を審査が通りやすいようにしておくということです。

例えば、勤続年数が長くなるように安易に転職しないとか、賃貸ではなく持ち家に住むというようなことです。
また、希望の借入額を小額にしておくことも審査のハードルを下げる方法となります。中小の消費者金融でも審査がな12いわけではありませんので、少しでも審査に不利になるような要素は改善しておくようにしましょう。

このようにブラックでもブラックに対応している消費者金融を探して、審査を受ければキャッシングを利用することができるのです。申し込む前にまずはネットを活用して情報を収集しておくようにしましょう。

ブラック,審査