キャッシングの審査で通過しない人の5つの理由

キャッシングの審査で通過しない人の5つの理由「サムネイル」

キャッシングを利用する際に、審査を通過できない人には複数の理由が想定されます。

  • 延滞などでブラックになっている
  • 他社の借り入れ件数
  • 総量規制
  • 雇用形態が悪い
  • 申し込みのしすぎ

大きく見てこの5つの理由が考えられますのでどういったことなのか一ずつ解説していきます

延滞などでブラックになってしまっている

過去に長期の延滞や債務整理などでブラックリストに名前が載ってしまっている場合です。

俗に言う金融ブラックですがこれは信用情報機関に過去の遅延などの情報が載ってしまう事を指します、そしてこれに載ってしまうとこの情報はどの金融会社でも閲覧できますので、それを見られた時点で審査落ちとなってしまいます。

他社の借り入れ件数が多い

既に他の金融機関からの融資を受けている件数が多いと審査落ちする可能性が高くなります。この要因の背景には、返済の能力がどこからも借りていない人に比べて低くなると警戒されることも関わっています。

一般的には他社借り入れ件数3件以上から審査が厳しくなるといわれています。

総量規制に引っかかっている

現在は年収の3分の1以上の借り入れは出来ません。これは法律で決められている事なのでどんなに審査の甘いといわれている所でも借りる事は不可能です。もし貸してくれる所があるとしたら闇金ですので注意しましょう。

雇用形態がよくない

雇用形態や年収についても、審査で通らない理由に度々挙げられています。年収は高い程審査の通過率を高めますが、雇用形態が正規雇用である場合は更にその確率が上がります。パート、アルバイトなどの非正規雇用の場合には、融資を受けられる確率が下がり、無職の人は限りなく審査の通過率はゼロに近付きます。

現在では、非正規でもある程度の期間高い収入が続くと審査の通過に希望が持てるものの、できるだけ正規雇用であることが審査の通らない可能性を下げてくれるのではないでしょうか。

申し込みのしすぎ

もし審査に落ちたら不安だからといったような理由で同時に何件も審査の申し込みをするのも考えものです。

審査に申し込んだ情報も信用情報機関に登録されていますので各金融機関は閲覧できてしまいます。

短期間で何社にも申し込んでいる人は危険だと判断されてしまいますので一定期間間を置いてから次の所に申し込むようにしましょう。

その他

これは審査においてそこまで重要な部分ではありませんが、現状での生活状況からも、返済能力が判断されているということは知っておくべきです。

住居が賃貸物件や公営の住居の場合には、審査の通らない可能性が高くなります。家を持っている人に比べて経済能力が低いとみなされ、また完済できることが難しいとも判断されるためです。

また、独身で生活する人も、経済的な面での審査の通過率が下がり気味になるとされています。結婚している人や家族との同居をしている人は、反面審査を通りやすくなるとされているため、こうした生活事情によっても審査の通れないケースが生じてきます。

審査に通過しない理由まとめ

キャッシングの具体的な審査基準と言うのは各金融機関によって異なり詳しい事は社内秘なので公開はされていないのが現状です。しかし今回ご説明した5つはかなり重要視されているのは間違いありませんのでどれかに当てはまっている方は問題を取り除いてから審査に申し込む事をお勧めいたします

キャッシング,審査