ブラックでもお金を借りれるのか?

ブラックでもお金を借りれるのか?「サムネイル」

ブラックでもお金は借りれるか

気になっている方も多いと思います。

お金を借りた際、どうしても返済できない事情ができてしまい滞納してしまった、なんて経験の方もいるのではないでしょうか。

もしブラック入りしてしまったらお金を貸してくれるキャッシング会社はないのではないか、と心配になりますよね。

ですので、このブラックでもお金を借りることができるのかどうかについて見ていきたいと思います。

低度なブラック

まず、多少のブラックならば融資をしてくれる金融会社は多いです。しかし大手の会社は審査が厳しく、簡単にはいきません。

信用情報機関の利用が義務付けられている正規貸金業者はネットワークの利用により情報を共有しているのでブラックリストの情報は確実に確認します。

中小の消費者金融は、多少のブラックについては目をつぶりお金を貸してくれる場合が多いです。

キャッシングローン

また、お金が足りなくなった際に消費者金融業者が行っているキャッシングローンを利用したいと思った方もいるかと思います。

昨今の消費者金融業者が行っているキャッシングローンは、特にややこしい手続きをすることなく、ネット上などから最低限の情報を入力するだけで、審査が無事通れば簡単に融資を受けることができるのです。

中には申し込みを行ってから、即日融資を受けることもできる金融業者もあります。

審査も簡単で誰でも手軽に融資が受けやすくなっていると言えますね。

手軽になった分、複数の金融会社からお金を借りてブラックリストになるデメリットも高くなったといえるでしょう。

複数の消費者金融業者から借り入れを行っている場合、中には高い金利の金融業者からも借り入れを行っている可能性があります。

ですので、低い金利の金融業者のおまとめローンを利用することによって、返済の計画も立てやすくすることができますね。

借りれる情報

金融ブラックの人でも借りられる情報は、人口が多い東京を中心として口コミで広がっています。

自己破産者に対して貸付を行なってはならないという法律上の規定は無く、現在の収入状況から返済能力を把握した上で貸付を行なうことは、金融業者の自由裁量の範囲で行なえます。

改正貸金業法が完全施行されたことにより、年収の1/3を超える貸付は出来ないものの、金融ブラックを承知の上で貸付を行なう中小消費者金融の存在があります。

審査を受ける際には、具体的に過去にどの債務整理方法を行なったのか、正確に貸金業者へ申告しなければなりません。

申告内容が加盟している個人信用情報機関に登録されている内容と一致すれば、多少は信頼を得ることが出来るでしょう。

自己破産者であったとしても、新たな生活再建を行なって、個人信用情報機関の異動情報から自己破産の事実が消えれば、クレジットヒストリーを付けつつ再出発が可能です。

ブラックお金借りれる 審査滞納返済