「ブラック」について

「ブラック」について「サムネイル」

貸金業者から融資をうけて何らかの事情で延滞や遅延をしてしまうことって誰でもありますよね。中には債務超過状態に陥り法的手段を使って整理する人も少なくありません。ここではブラックについて書きます。

「ブラック」とはどういう状態?

いわゆる「ブラックリスト」入りした状態の事を指しますが、「ブラックリスト」そのものが現実世界に存在していることはありません。「ブラック」とは、キャッシングの審査に使用される信用情報の中に、異動と言われている事故情報が記載されている状態を指します。

ブラックリストとは?

では、「ブラックリスト」の詳細について記載していきます。

「ブラック」の状態としてはおおまかに2種類あります。

  • 事故情報などのマイナス要素が異動って形で信用情報に記載されている(信用情報ブラック)
  • 業者内で個別に事故情報が登録されている(社内ブラック)

【信用情報ブラック】

キャッシングの申し込みがあると、金融機関はその人の個人情報を元に信用情報を指定された信用情報機関で参照します。

信用情報には消費者信用産業での取引の履歴が記載されており、その情報は一定期間保持されています。

それを参考にして融資の可否や限度額などを決定しています。

ここで致命的な事故情報に該当する場合、どこの金融業者も審査の段階で否決として扱います。

この状態が「信用情報ブラック」と言われる状態です。

(各信用情報機関で情報を共有する「クリン」や「フィナ」ってシステムを利用しており、複数の信用情報機関に加盟している金融機関もあるので、銀行系、消費者金融系、信販系などの違いもほぼ関係なく参照されます)

「致命的な事故情報」

大きく影響するのは以下の2つです。

  • 延滞情報
  • 債務整理情報

債務整理情報は、任意整理や自己破産、個人再生をしたという記載です。

この情報が記載されている間は、新規借り入れはできないと思って良いです。

延滞情報ついては「何度か返済が遅れた事がある」という経験のある方もいると思いますが、この場合はどう記載されているのでしょうか?

延滞情報の記載のルール

各信用情報機関によって違いがあります。

個人信用情報機関(CIC)の場合
⇒61日以上または3ヶ月以上の支払いの遅れで返済状況欄に「異動」と記載。
全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合
⇒2~3か月遅れると延滞になることが多い

この情報をどう扱うかは、各業者の担当者の判断になります。

「異動」となると、まず審査を通ることはないといわれています。

また、事故情報とは違いますが、信用情報を参照することで他社での借入の状況も分かります。

総量規制の対象

借入の額や件数もチェックされます。(住宅ローンや自動車ローンは例外)

借入総額や、借入件数が多い人(いわゆる多重債務者)は、この段階で審査から弾かれる場合が多いです。

これも「信用情報ブラック」に該当します。

【社内ブラック】

信用情報も大きな判断材料になりますが、信用情報の記載には期限があります。

各項目ごとに保持期限が決められており、それを超えると事故情報も消えていきます。

しかし、信用情報が消えたからと言って油断できません。それは「社内ブラック」と呼ばれる状態が存在するからです。

例えば

  • 数年前にA社の借金を任意整理。
  • 完済し、現在はどこからの借り入れもない状態。
  • 信用情報を開示して、既に記載が消えていることを確認。
  • A社に申し込みをしたが融資不可となった。

このように、信用情報からは記載が消えていても社内では過去の記録が残っているため、融資を断られる事があります。

A社からしてみれば、過去に迷惑をかけられた人に貸そうとは思いません。

延滞を繰り返して強制解約になっていた場合も同じです。

このような状態を「社内ブラック」として、新たな貸し出しが一切行われなくなってしまいます。

過去にトラブルのあった業者は上記のようなリスクがあるので避けた方が無難でしょう。

保証会社問題

「社内ブラック」において注意が必要なのが保証会社の問題です。

例えば、三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)になっています。

「過去にプロミスで金融事故を起こした」が、「三井住友銀行カードローンは初めてだから大丈夫」と思っていたのに、実際の審査にはプロミスが大きく関係しているというケースがあります。

消費者金融がダメだったから銀行系ならいけるかも?と考える人も多いと思います。

しかし、銀行の個人向けカードローンでは、消費者金融系業者が保証会社になっていることが多いので注意しなければなりません。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」⇒アコム
  • セブン銀行カードローン⇒アコム
  • みずほ銀行カードローン⇒オリエントコーポレーション
  • オリックス銀行カードローン⇒オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社

など

ブラックになってしまったら?

これまでの内容で自分が「ブラック」になっているかも?と感じた方で新たに借り入れを行おうと思っている人は要注意です。

申し込みブラック

「ブラック」の中には「申し込みブラック」という状態も存在します。

「申し込みブラック」とは、短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込みんだ状態のことです。

「短期間に複数」の定義はカード会社や消費者金融会社によって異なりますが、一般的に1ヶ月間に3枚以上の申し込みで「申し込みブラック」扱いになると言われています。

これは、短期間に複数枚の申し込みをする人は「クレジットカード現金化などの不正利用を行うのではないか」「お金に困っていて、カードを利用するだけして踏み倒すのではないか」などと疑われるためです。

先程の項目で「信用情報ブラック」、「社内情報ブラック」の説明をしましたが、これらに該当する人は新規の審査には通りません。

そのため、「申し込みブラック」に陥りやすいのです。

「ダメもとで申し込みしてみよう」と思っても、「ブラック」である限り審査には落とされ続けます。

そして色んなところで「申し込みブラック」になってしまう羽目になります。

まずは「ブラック」の状態を抜け出す必要があるのです。

ブラックリストから除外される条件は?

信用情報のブラック、つまり事故情報は一定期間保持されますが、定められた期間を過ぎると削除される決まりになっています。

具体的にどの程度の期間で事故情報が消えるのかを説明します。

3大信用情報機関

国内にある個人信用情報機関は次の3機関になります。

JICC:日本信用情報機構
(消費者金融会社(消費者金融系)との取引履歴)
CIC :指定信用情報機関
(クレジットカードの利用履歴、信販会社(信販系)との取引履歴)
KSC :全国銀行個人信用情報センター
(銀行や信用金庫(銀行系)との取引履歴)

延滞情報

信用情報期間によって情報の保存期間が違ってきます。

JICC
完済日から1年間
CIC
完済日から5年間
KSC
完済日から5年間

※「完済日から」という点に注意。
返済が終わっていなければ、延滞情報も残ったままになります。

債務整理

債務整理を行った場合は内容や信用情報機関によって保持期間が違ってきます。

JICC
自己破産・個人再生・任意整理ともに5年間
CIC
自己破産が5年間、個人再生・任意整理の情報は記載されない
KSC
自己破産・個人再生が10年間、任意整理(保証会社による代位弁済として)が5年間

(ただし、任意整理の場合返済中に延滞してしまうと延滞情報が記載されるので注意。)

申し込み情報

「申し込みブラック」の登録期間は各信用情報機関で同じです。

JICC:6か月
CIC :6か月
KSC :6か月

では、これらの情報はどのようにして確認したら良いのでしょうか?

自分の信用情報の確認方法としては、本人による開示請求があります。

それぞれの機関によって方法が違うので順に説明します。

【JICCの本人開示方法】

主に消費者金融業者が利用する信用情報機関。

本人開示方法
スマホから、郵送、窓口、の3種類。
手数料
窓口(500円)、それ以外(1000円※スマホのクレジット払い以外は別途手数料(161円)が必要)。
支払方法
窓口(現金)、郵送(クレジット(1回払い)、定額小為替証書)、スマホ(クレジット(1回払い)、コンビニエンスストア・ATM・オンラインバンキング)
【CICの本人開示方法】

主に信販会社、クレジット会社が利用する信用情報機関。

本人開示方法
パソコン、スマホ、郵送、窓口、の4種類。
手数料
窓口(500円)、それ以外(1000円)。
支払方法
窓口(現金)、郵送(定額小為替証書)、それ以外(クレジットカード決済(1回払い))
【KSCの本人開示方法】

主に銀行や銀行関連機関が利用している信用情報機関。

本人開示方法
郵送のみ。
手数料
1000円
支払方法
定額小為替証書

どこに開示請求して良いかわからない、という人にはCICをおすすめします。

3つの中で一番開示請求がやりやすいのと、銀行カードローン以外で融資の審査を受ける場合、消費者金融などの業者はCIC・JICCの情報を参照するからです。

該当しているかどうか不安だという人は申し込み前に確認してみると良いでしょう。

「ブラックOK」は本当?

よく雑誌や電柱の広告で見かける「ブラックOK」の文言ですが、これらは基本的に闇金業者だと思って間違いありません。

確かに融資はしてくれるかもしれませんが、利息や返済期限が消費者金融よりも酷いところばかりです。

ブラック状態の人がお金を借りられないのは、業者にとってそれだけのデメリットがあるからです。

それでも貸してくれる、という事はそれなりの「回収方法」を持っている、という事になります。

そのようなところから借りてしまって期日に返せない、なんてことになったらどうなるでしょうか...

ブラック ローン信用情報整理機関状態申し込み銀行