ブラックになったと感じたら何が原因か考えてみよう

ブラックになったと感じたら何が原因か考えてみよう「サムネイル」

消費者金融に申込みを行なっても、審査落ちするようになった場合には、一度個人信用情報機関のJICCとCICに対して信用情報開示請求を行なってみると良いです。

審査落ちの原因

なぜなら、審査落ちの原因が信用情報照会をかけた結果によるものだった場合、原因がハッキリするからです。

信用情報には、借入と返済だけでなく長期滞納による延滞については異動情報という欄に情報が掲載されます。

多くのサラ金では、異動情報が掲載されている段階で審査に落とすことから、ブラックになった原因が異動情報にあるか知ることは重要です。

勤務先情報や年収

また、勤務先情報や年収についても信用情報に掲載されているので、他社借入がある場合には以前の勤務先が信用情報に掲載されていると、申し込み時の申告と勤務先相違となり審査落ちの原因となります。

借入申し込み履歴

申し込み履歴自体も信用情報に最大半年間登録されるので、続けて短期間に申込みを繰り返したにも関わらず、契約成立した情報が掲載されていなければ、他社が審査に落としたことがバレてしまいます。

リスクが高い申込者と判断される事自体が、ブラック状態になることを意味しています。

申し込みブラック

異動情報が掲載されておらず、申込み履歴のみが続けて4社以上ある場合には、半年間消費者金融への申込みをしなければ申込み履歴が消えるので、事実上の申し込みブラックを解除出来ます。

借入残高

しかし、他社からの借入額が多すぎる状態ならば、まずは他社への返済を進めることから始めなければブラック状態の解消は難しいでしょう。

消費者金融からの借入では、貸金業法に規定された総量規制の範囲内でしか借入が出来ないので、年収の1/3を超えないように借金総額を減額しなければなりません。

総量規制に抵触するほどの借入総額は、ブラックになったわけではなく単に返済能力以上の借入を行っていることが原因です。

ブラック原因 ブラック信用情報原因審査履歴