破産後に借り入れって可能なの?

破産後に借り入れって可能なの?「サムネイル」

自己破産ををすると、借金は免責になりますがお金の借り入れを行うことはかなり厳しい状態になります。
自己破産をした情報というのは、信用情報に乗りますからこれによってブラックリストに載っている人が借り入れを行いたいと来たとしてもまずお金を貸してくれるようなことはありません。
では、自己破産後でもお金を借りれるようなケースは全くないのかというとそういうわけでもありません。

自己破産後でも消費者金融でお金を借入できることもある。

自己破産をしたとしても、中には消費者金融で借り入れをすることができる可能性があります。ただし消費者金融といっても、大手ではブラックリストに載っていますからまず借り入れを行うことは無理です。

自己破産をしても借り入れができる可能性があるのは中小の消費者金融です。
中小の消費者金融の中には、自己破産をしていてもお金を借入ができるという情報を明示しているところもあれば、口コミで借り入れが可能というようなことが書いてあるケースもあります。

中小の消費者金融は、信用の低い方でも顧客にしないと苦しい経営環境のところも多く、自己破産をしていても場合によってはお金を貸してくれるケースもあります。ただし、借り入れできる金額はかなり少なく、いわゆる小口融資(5万円~10万円程度)と言ったケースが多いです。

破産後に免責が確定している事が条件

自己破産というのは申請していても免責が降りない可能性もあります、ですのであくまでも借りられるのは免責が確定して借金がチャラになった状態であるという事が大前提です。

年数がたっていれば、借り入れできる可能性もある。

また、自己破産から年数がたっていれば借り入れができる可能性が高くなります。自己破産後5年から10年間は信用機関の情報が残ります。

この期間を過ぎれば、信用機関によっては上方がなくなりますのでお金の借り入れというのができる可能性があります。
その他にも、自己破産をしたとしてもある程度期間がたっていれば、信用レベルが回復してきているものとして借り入れに応じてくれる可能性というのが出てくるケースもあります。

公的機関で借り入れできる可能性もある。

ブラックリストに載っていても公的機関で借り入れができるようなケースがあります。
たとえば生活福祉資金が代表的なもので、生活に困窮しているような状況なら一定の要件で借り入れができる可能性があります。

ただ、公的機関とはいえ職員によるのでしょうかお金を貸すのを渋ったり、断られることや、保証人を要求されるケースもあると思います。

このような一般的にはあまり知られていない制度が公的制度にはありますので、一度調べてみて利用してみると消費者金融や闇金融で借りなくてもよくなる可能性もあります。

破産後,借り入れ