金融事故履歴は個人信用情報機関で確認

金融事故履歴は個人信用情報機関で確認「サムネイル」

消費者金融のカードローンに申込んだ時に、一度審査に落ちた段階で次の申込みは一旦止めておくと良いでしょう。

申し込みブラック

なぜなら、審査落ちした原因が判明する前に次々と申込みを繰り返すと、審査に本来ならば通過できる与信力があっても審査に通り難くなる申し込みブラックとなるからです。

信用情報開示請求

消費者金融の多くが個人信用情報機関のCICとJICCを参照して審査を行っているので、2つの個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行えば、郵送でも自分の信用情報がどのように登録されているか確認出来ます。

社内情報には永久

他社借入について、滞納を起こしたことがある場合、貸金業者の社内情報には永久に履歴が残りますが、個人信用情報機関へ金融事故として登録されるのは、滞納が延滞にまで長期化した場合に限られます。

延滞とは

滞納状態が61日以上または3ヶ月以上経過した場合であって、数日遅れた程度では単なる滞納に過ぎません。

登録期間

延滞の事実は、個人信用情報機関に異動情報として延滞が解消されてから最大5年間登録されるので、異動情報がいつ登録されて解消してからどのくらい経過しているか確認すれば、ブラックリスト登録から開放される時期が判明します。

義務

消費者金融では、貸金業法に基いて総量規制を遵守しなければならないので、指定信用情報機関のCICは必ず参照されます。

異動情報は国内の主要な個人信用情報機関同士で相互接続されているので、異動情報が有る状態ではサラ金からの借入は事実上困難となるわけです。

最後に

自分の信用情報を確認して、異動情報に掲載された金融事故履歴が消えたことを確認してから申込めば、審査に通過する可能性が高いと分かるでしょう。

実際に借りられるかどうかは、申込み審査を受ける前にある程度見込みを付けてから、準備した上で申込むことが大切です。

金融,事故,履歴,信用情報機関,確認 信用情報審査登録金融