自分の信用情報の開示や確認をするための手立てとは

自分の信用情報の開示や確認をするための手立てとは「サムネイル」

各信用情報機関に対して、自身の信用情報を開示してもらうための方法や、その際に確認できる内容については、どのようになっているのでしょうか。実際の信用情報の確認方法や、開示してもらうことのできる内容などについて、それぞれ確認していきたいと思います。

信用情報の確認依頼が可能な機関

自分の信用情報の照会を依頼できる機関は、日本信用情報機構、CIC、全国銀行個人信用情報センターの3つが存在します。それぞれ消費者金融関連、クレジットカード、銀行を中心とする信用情報の開示を依頼できるため、自分が必要とする信用情報を最適なところに依頼することが良いとされています。

それぞれの信用情報機関では、リアルタイムで情報が更新されているため、開示の依頼をした時点での情報を確認することができるとされています。

信用情報開示の請求についての手段

信用情報を確認するための方法には、いくつかの選択肢が存在します。最も簡単な方法としては、ホームページからの申請と、電話での申請が挙げられるでしょう。

特にネットでは随時信用情報開示を依頼できる環境が作られているため、スムーズに信用情報が確認できる可能性が高いです。また、それぞれの情報機関の窓口での直接請求や、郵送による開示の依頼も可能となっています。

なお、全国銀行個人信用情報センターについては、郵送での情報開示依頼のみとなっていますが、日本信用情報機構、CICはいずれの方法も選択可能です。

確認できる信用関連の情報

各情報機関に開示を依頼して、確認することができる信用関連の情報はいくつか存在します。最も身近なものとして、クレジットカードの返済状況が挙げられるでしょう。

カードの限度額や口座からの引き落としの状況などを過去にさかのぼって確認することができます。また、返済が滞っている場合にはチェックが付与されていたり、返済の残額が掲載されていたりします。

お金を借りている場合にも、返済状況や延滞の有無が掲載され、ブラックリストと呼ばれるものに該当しているかも書面や専用のネットのページで閲覧することが可能になっています。

信用情報開示の動向は他人には分からない

信用機関に自分の信用情報の開示を依頼したことについては、他人にその動向が分かられることはありません。また、信用状用の内容についても、外部に漏れることはないとされているため、安心して自分で情報の照会を行い、事実を確認できると言えるでしょう。

ブラックリストに載った状態であったり、返済の遅滞事実があったりする場合にも、開示を依頼した当人のみにそのデータが伝えられ、親族などにその情報が届くこともありません

そのため、信用情報の確認や開示依頼をすることが不安である人や、他人にその動向が漏れることが心配で確認を躊躇している人がある場合には、安心して情報開示に踏み切っても問題ないと提唱されています。

最後に

各信用情報機関に自分の信用情報を開示する場合には、いくつかの方法で依頼することが可能であり、スムーズに情報確認のできる環境が作られています。

また、返済の遅滞の有無やブラックリストへの掲載の有無などを開示されたデータからは確認することができ、その内容や開示の依頼をした事実は一切他人に伝えられることはありません。

そのため、情報開示を依頼した当人のみが、自分の信用情報を確実に知ることができ、その点は情報漏洩のリスクがないと言えるでしょう。

信用情報開示,信用情報確認 依頼方法返済