ヤミ金は悪質業者も存在するし手を出すな

ヤミ金は悪質業者も存在するし手を出すな「サムネイル」

金融事故を起こしてしまい、個人信用情報機関へ異動情報が登録されている状態では、新たに銀行や消費者金融から融資を受けられないでしょう。

また借金ができてしまった。そこで再びサラ金から借入しようとするも上手くいかない。そこでついにヤミ金に手を出してしまう。このような経過をたどる人もいます。

ブラックがある人の場合

金融事故を起こした事があり、それでもお金が必要でサラ金に審査を申し込んでも落とされてしまう。

これはある意味当たり前です。信用情報機関に事故履歴がある人はブラック扱いされて信用されないからです。

異動情報に掲載されてしまうほどの金融事故であれば、ハイリスクな取引を新規で行わなくても、申込者は多数いるからです。債務整理をしっかり行なった上で現在は債務がゼロという状況ならば、中小消費者金融に相談してみると良いでしょう。

そこで目が向くのがヤミ金です。しかし、ヤミ金は手は出してはいけません。そもそも違法なヤミ金は危険です。

ヤミ金とは

貸金業として正式な登録をする事無く、法も無視してすこぶる高い利子を要求してきます。そもそも違法な業者なのです。

現在も借入がある状態で新たに借入出来る業者は、ヤミ金融程度しかありません。近年はソフトヤミ金融と呼ばれる強い取り立てを行わず、延滞さえ起こさなければ完済も可能なヤミ金融が増えています。

しかし、年利で計算すれば正規貸金業者の100倍近い利息がかかっていることも少なくないので、ヤミ金融に手を出すことは借金が雪だるま式に増えてしまうことを意味するでしょう。

お金に切羽詰まり仕方なく闇金に手を出す人がいますが、それからの人生は最悪です。でもヤミ金にも利点が一つあるのです。それはブラックの人でもお金を貸してくれる事です。

それゆえ、金融事故記録の過去を持つ人がヤミ金にすがりたくなるのです。

ヤミ金の入り口は生活に溶け込んでいる

ヤミ金なんか手を出すものか、と思っていてもいつの間にかヤミ金からお金を借りていたという人はいます。ヤミ金はいろいろな方法で宣伝しています。

例えば雑誌やネットなどに広告を掲載したり、電柱にチラシを貼っていたりします。これらの宣伝が巧妙で単なるサラ金のように思わせておいて、実はヤミ金であるという事もあるので、十分に注意してください。

もしもお金を返せなかったら

ただでさえ、お金がないのにヤミ金から法外な利息を付けられて今度はヤミ金にした借金を返す事が難しくなります。するとどうなるでしょう。

職場や家族にも電話を入れてきたり、職場まで来て返済を要求してきたりします。借金している事を周りにばれたくない人が多いですから、その心理につけこんでそのような行動を取るのです。

そして取り立ては厳しいですから次第に精神的に追い詰められて最後には自ら首をくくる人もいます。

借金問題に苦しんでも弁護士などの専門家に相談しましょう。ヤミ金は手を出す事がないようにしないと家族も自分も悲惨な人生になります。

完済させてもらえない業者に注意

中でも完済をさせて貰えないヤミ金融については、速やかに専門家へ対処を依頼すべきです。

一方、ヤミ金融資を効率的に使用している人が存在しないわけではありません。主に自営業者の中には、観光地の店舗を1人で切り盛りしている沖縄の一部土産物店のように、ハイシーズンには仕入れた分だけ売上が上がる状況です。

ヤミ金融の中には、自営業者相手に毎日貸し付け、毎日返済を行なう業者が存在しています。

観光地ではATMへ行くために一旦店を閉めなければならない状況が生まれると、販売機会が減少してしまいます。

毎日現金仕入れして販売する商売では、毎日集金業務を行なってくれるヤミ金融であっても、1日で返済すれば金利負担が重く感じないケースがあるわけです。

会社員で給与が月1回という場合には、ヤミ金融からの借入を返済出来る給料日を待っていては利息が膨大になりかねません。

ヤミ金融資を上手く使うためには、毎日入る収入が別に必要となるでしょう。

ヤミ金 悪質業者 悪質業者金融事故