生活保護でも融資を受ける方法

生活保護でも融資を受ける方法「サムネイル」

生活保護を受けている方は国からの援助で毎月最低限の収入を貰ってますが、現実的な話を言ってしまうと不正に受け取っている方もいます。

働けないから、財産もないから、と言ったような理由で生活保護を受けているはずですがギャンブル依存症の方も多いといわれています。

そういった方はお金を借りる時に証拠を残さず借りています。

生活保護を受けている方は借金が出来ない

本来ならば生活保護の受給中は借金出来ません。なぜなら生活保護を受けている方にはケースワーカーが付くからです。

ほとんど家に来ることはありませんが、人によっては抜き打ちで来たりします。

もし受給中の方がギャンブル依存症だったら生活保護費だけでは一ヶ月もちません。勿論、真面目に生活保護費で毎月生活を受けてる方もいます。

事情によりますが役所に相談すれば役所から借りる事は勿論出来ますが領収証がないとおりませんし、理由も的確でなければおりません。

そこで生活保護費で賄えない分を借金してしまいます。

闇金なら借りられる

大手消費者金融や街金ですと就労しているのが最低条件になりますが闇金でしたらたとえ生活保護費で暮らしている方でもすぐに融資してくれます、ただし金額は低いですが・・・

振込先はどうするのか

普段使っている通帳に振込みをしてしまうと役所にばれてしまうので、別に通帳を作ります。

役所も受給した後はそこまで調べませんが、万が一の時の為に別に作らせます。

闇金なら借金がばれないが・・・

証拠があれば勿論ばれますが闇金でしたら書類がありませんし、メールもありません。ですので通帳さえ見つからなければ役所にばれる心配はありません、ただし闇金ですので取り立てはキツイです。

闇金の取立て

生活保護費受給日に支払いをすることになりますが闇金によっては受給日に役所付近で待っているところもあります。特に借り入れている人が高齢者の場合はそのパターンが多いようです。

高齢者の方ですとATMを苦手とする方がいますし、ATMの前での電話ができませんので予め受給日を聞いておき、待ち伏せみたいな感じをして利子だけ取ります。

若い方なら振り込み先を伝えてきます、更に振り込み先も毎月変わります。

生活保護で借金をするのは危険

生活保護をじゅきゅうしている身分で闇金から借金をすると生活がかなり厳しくなります。

そのタイミングでまた新たな融資の電話がかかってきて自転車操業になり役所に相談して受給を切られてしまうかたも少なくありません。

生活保護費で借金をしてるのがばれたら即受給を取り消しにされますので現在借金してしまってる方は1日も早く借金を返すことだけを考えて自転車操業にならないように注意が必要です。

闇金以外から借りる方法

どうしてもお金が足りないと思っているのなら社会福祉に相談してみてください。

理由にもよりますが、一括払いとし役所が払い後は天引きという形で借りれる場合があります。

病院代、家賃等は生活保護費に入っているはずなのでそれ以外に理由が明確であれば一時的に貸してくれる制度を利用しましょう。

役所で借りたら頻繫に訪問される場合もありますので生活保護費でたまには仲間内で遊ぶのはいいと思いますが、程々にしておいた方がいいと思います。

生活保護費は本当にどうしようもない人が受ける費用ですので不正してまで受給申請しないようにして下さい。

生活保護,融資