ブラックリストに載る条件

ブラックリストに載る条件「サムネイル」

お金を借り入れたいのに審査に通らなかった、などの経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

いわるゆブラックリスト入りというやつですね。どうしてもお金が必要な際にこのような状況では困りますよね。

ですので、そのようなことにならないよう、ブラックリストに載ってしまう条件を見ていきたいと思います。

クレジットカードやローンの支払い延滞

クレジットカードや消費者金融のカードローンの借入の支払いを行わず3か月以上、または61日以上滞納するとブラックリスト入りします。

さらに、支払いの遅延を幾度と繰り返すことにより、クレジットヒストリーの支払い状況欄に、本人都合による延滞と記号Aという表記が記録されます。

これは、いつも返済に遅れるので信用できない人だ、とカード会社にレッテルを貼られることになり審査も通りにくくなるのです。

記号Aは信頼がなくなった証

クレジットカードの料金を1年に3回程度の割合で短期延滞を繰り返すと、ブラックリストだけでなく強制的に解約になるので注意が必要です。

強制解約になってしまえばカードそのものが使えなくなります。

カード自体が使い物にならなくなってしまっては非常に困りますよね。

この強制解約の履歴が残ることにより、例えば他のカード会社が個人信用情報を見たときに、返済能力のない人と判断されてしまいます。

それにより、以降のクレジットカード審査にも通りにくくなるというデメリットになりますね。

最後に

お金を貸す以上は、きちんと誠意を持って返済しなければなりません。

そこで返済を滞納し、また滞納を繰り返すことにより信頼をなくしてカード会社からもマークされてしまいますよね。

これがブラックリストに載ってしまう主な条件となります。

ブラック載る条件 カードブラックリスト支払い返済