ブラックが融資を受ける前に考える三つのポイント

ブラックが融資を受ける前に考える三つのポイント「サムネイル」

今日は、ブラックが融資を受ける前に考える必要がると思われる三つのポイントについてまとめてみましたので借入を検討するなら参考になるかなと思います。

現在の状況を整理する

まず、自分の状況を整理して把握しましょう。そのことで失敗しない道を選ぶことができるんじゃなかと考えます。

整理経験なし延滞あり

債務整理を行ったことはないが、延滞は何度かしたことがある。もしかしたら、ブラックかもしれない。

なんて人は、個人情報の開示を行い、事故情報の記載がないかを確認する必要があります。

詳しくは信用情報機関をご覧ください。

整理中

債務整理を行って現在返済中の人。

債務整理の返済中は新たな借入はできません。完済するまで頑張ってください。

整理経験あり

債務整理をしたが完済した人。債務整理をしたのが「いつ」なのかによって状況は変わります。

過去5年以内の整理経験

過去5年以内に債務整理を行ったって人は、まだ、信用情報機関に事故情報が残っています。

そのため、大手消費者金融での新規借り入れはできないと思ってください。

しかし、街金のような中小消費者金融で新規であれば「ブラック」であっても審査が受けられる可能性があります。

(債務整理対象となった業者は顧客情報が残っているので、審査を受けても間違いなく落とされます。)

過去5年以上の整理経験

5年以上前に債務整理を行ったって人は、信用情報機関に登録されていた事故情報が消えている可能性があります。

ですが、債務整理対象となった業者やグループなどの系列に再申し込みは断られる可能性が非常に高いです。

自社で事故歴のある人へ再度融資を行う、というのは常識的に考えてもあり得ません。

そのため、今まで申し込みをしたことのない業者への新規申し込みをおすすめします。

債務整理に至るまでに多くの業者へ申し込みをしている可能性が考えられますが、現在安定して働いていれば街金のような中小消費者金融だと審査が通る可能性があります。

【共通】

申し込み時に、「債務整理経験がある」という事を必ず伝えてください。

伝えずに審査を行ったとして途中でその事実が発覚した場合、「不都合な事実を隠していた」とみなされる可能性があるからです。

街金であれば完済済みで現在の収入が安定しているのであれば審査に通る可能性は十分にあります。

基本的に事実は全て包み隠さず伝えておいた方が良いです。

(業者によっては申し込みの時点で断られる事もあると思いますが、柔軟な対応をしてくれる業者も存在しますので。)

本当に必要な借入なのか?

申し込みを行う前に次の点も合わせて確認すると良いと思います。

ギャンブルのための借り入れではないか?

ギャンブルは余裕がある範囲で楽しむものです。借金してまでギャンブルをしても元が取れることはまずありません。

「ギャンブルがしたい!」という衝動を別のものに向ける努力をしてみましょう(釣りやスポーツなどの趣味を見つける、など)。

遊興費のための借り入れではないか?

社会人であれば付き合いや接待で飲みの席に行かなければならないことが多いと思います。

その費用を借金で賄おうとするのは誤りです。必ず不必要な飲み会があるはずなのでしっかりと判断してみましょう。

前回と同じ失敗を繰り返そうとしていないか?

前回の借金の原因は何でしたか?今回の借金の目的と同じではないですか?

借り入れの理由が同じであれば同じ過ちを繰り返すことになりかねません。
一旦立ち止まって良く考えてみてください。

理由もなく借り入れをしようとしていないか?

借金を繰り返す人の中には、「融資が決まった瞬間の興奮が忘れられない」という人もいます。

「とりあえず申し込みをして審査が通ればラッキー」のような感覚で借り入れを行おうとしていませんか?

意味のない借金は意味のない浪費につながります。

以上の点を確認して「本当に必要な借入なのか?」をもう一度考えてみてください。

審査の甘い消費者金融を探す

それでもお金が必要だ、という方はまず審査が受けられる業者を探すことから始めなければなりません。

一旦債務整理などで「ブラック」になってしまうと、銀行はもちろん、大手消費者金融からの借り入れが絶望的になります。

そうなると残された選択肢は

  • 街金
  • 闇金

の2択になります。

しかし、闇金を選ぶ、という選択肢は選ぶべきではありません。

家族も友達も親類縁者もいない天涯孤独の身、というのであれば止めませんが、闇金からの借り入れを行ってしまうとあなたの周りの人に多大な影響を及ぼします。

「自分が借りて自分で返すんだから構わないだろう」と思う人もいるかもしれませんが、闇金はあなたが返済不能になった場合繋がりのある人から取り立てを行います。

非合法の世界で活動しているので契約書や約束、法律なんて関係ありません。

手を出してしまったら抜け出せない、そういう世界なのです。

と、いう事で街金1択になるのですが、「街金」と呼ばれる貸金業者は全国各地に多数存在し、営業形態も様々です。

大抵は大手消費者金融と同じ会社員や主婦がメインとなる顧客ですが、

  • 運送業専門
  • 風俗嬢専門
  • 20代限定
  • 学生専門

等限定した融資を行っているところもあります。

「申し込みをしてみたら業種が違って落とされた」、「条件に一致していなかったから落とされた」という事を避けるためにも事前に下調べを行うことは重要です。

街金の特徴として「地域に特化した業者」であることが多いです。そのため、悪い評判が広まると経営的に大きなダメージとなります。

地元で長年営業している街金をまずは調べてみると良いでしょう。

口コミで悪い評判がないかを調べる

ネットでの口コミは、実際にその業者と接触した人の体験談が書かれていますので非常に参考になります。

店舗の雰囲気や従業員の対応、融資額や契約までの期間など、会社のホームページからは見えない情報を得ることができます。

しかし、ネットの口コミを鵜呑みにするのは危険です。口コミはかつて体験談を得るのに有効な情報でしたが、最近では口コミが利益に直結することがわかったので、嘘の書き込みで集客しようとしたり、逆にライバル店舗の評判を下げたり、という状態がまかり通っています。

明らかに誇張した書き方(「ブラックでしたが即日50万融資していただけました!」など)もありますが、そういう情報が嘘だと判断できない人もいます。

ネットの口コミはあくまで参考程度にしておいて、実際は自分で確かめるのが一番だと思います。

できるだけ新しい業者は避ける

貸金業者には貸金業登録番号というものがあります。

例)〇〇××(△)第00000号
「〇〇××」の部分は業者の営業エリアの範囲によって変わります。

登録した都道府県知事又は管轄の財務局長を表します。

【業者の営業所が複数の都道府県にまたがる場合】
・「〇〇」   :各地の財務局(関東財務局、近畿財務局など)
・「××」   :長
【業者の営業所が単独の都道府県の場合】
・「〇〇」   :各都道府県名
・「××」   :知事
【共通】
・「△」    :登録の回数
・「第00000号」 :登録番号(登録順に採番)

まず、「〇〇××」の部分で業者の規模を大まかに推測することができます。

「〇〇財務局長」であれば複数店舗を持つ業者であり、「〇〇知事」となっていれば1店舗で営業している業者であることが分かります。

次に登録回数ですが、ここが一番のポイントになります。

「△」の数字は登録の更新回数を示しており、この数字を見れば業者の社歴を推測できるのです。
((1):開業から3年未満、(2):3年以上6年未満、(3)...)

そのため、登録回数が「(1)」の業者は開業から1度も更新を行ったことがない業者であり、実績も短いという事になります。

スポーツ新聞や雑誌の広告欄に良く載っている業者は登録回数が「(1)」であることが多い = 怪しい業者(闇金)が多いと言えます。

最後に

ブラックが融資を受ける前に考える必要があると思われる三つのポイントとして整理経験・必要な借入なのか?・審査の甘い消費者金融を探すとまとめました。

ブラックだと大手からの借入が困難だと思われるので街金を選ぶのがよいとされてますが間違えて闇金に申し込みしないように注意が必要です。

ブラック融資,受ける前,三つのポイント 審査必要情報整理申し込み登録融資